マンションの資料請求したら営業から勧誘がしつこかった…対策を紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!
本記事の内容
  • マンションの資料請求をしたらどんな影響がある?
  • 登録必須のマンション資料請求サービス
  • しつこく勧誘されない資料請求方法

マンションを購入を決意した後は、実際に物件探しを始めましょう。

物件探しにはいろいろな方法がありますが、一括資料請求がとても効率的です。

「一括資料請求」なら、

  • 素早く
  • 簡単に
  • 複数のお得な物件

を見つけることができるんです。

 

でも資料請求をするとしつこく勧誘されそう

たくあん

やり方を間違えるとそうなります。

この記事では、私自身が実際に利用した3種類の資料請求方法を紹介します。

正直、中古マンション探しは資料請求をいかに早く出来るかが重要なので、ご興味がある方はぜひ利用してみてくださいね。

ここでは無料サービスしか紹介しないので、ご安心ください。

現在のマイホームから住み替えをご検討の方はSUUMO売却で一括査定をご検討ください。

>>SUUMO売却の公式サイト

目次

マンションの資料請求をすると勧誘が来ます(デメリットを紹介)

マンション 資料請求 勧誘

マンションの資料請求をするデメリットは以下の2つです。

資料請求のデメリット
  1. 個人情報を提出する
  2. しつこい営業を受ける

デメリット1:個人情報を提出する

マンションの資料請求をする時には、個人情報を提出する必要があります。

  • 氏名
  • 現住所
  • 電話番号
  • 職業
  • 年収

このような個人情報を提出することをデメリットと感じる方が多いようです。

実際に当サイト利用者へのアンケートにも以下のような意見がありました。

よく知らない不動産業者に個人情報を提出するのに抵抗があり、長いあいだ資料請求をする事を躊躇していました。

当サイト実施アンケートより 40代 男性 会社員

この方は結局、当サイトで紹介している「タウンライフ不動産売買」で資料請求をして、満足のいく物件情報を手に入れましたが、個人情報の提出には慎重だったようです。

たくあん

私も抵抗があったので気持ちがわかります

でも大丈夫。

タウンライフ不動産売買はプライバシーマークを掲げている「個人情報の取り扱いにおいて信頼できるサービス」です。

近所の不動産業者で個人情報を記載するよりも全然安心できます。

タウンライフプライバシーマーク
右下にプライバシーマーク

デメリット2:しつこい営業を受ける

マンションの資料請求をすると、しつこい営業を受ける可能性が高いです。これは仕方がありません。

なぜなら資料請求をする人は「マンションを購入したい人」なので、「マンションを売りたい人」にとってのお客さんだからです。

たくあん

私も営業マンなので理解できます

とは言え、しつこい営業を受けるのは嫌な方多いと思います。実際に私がそうだったので…

後ほど、「しつこい勧誘をされない資料請求の方法」を紹介します。

マンションの資料請求をする3つのメリット

マンション 資料請求

マンションの資料請求をすることにはメリットもあります。

資料請求のメリット
  1. モデルルームの「事前案内会」に招待される
  2. 「お客様」として扱ってもらえる
  3. 一度に多くの物件を比較検討しやすい

メリット1:モデルルームの「事前案内会」に招待される

新築マンションを購入する場合、早めに資料請求をしておくことで大きなメリットを得られます。

それは「事前案内会」に招待される可能性があることです。

「事前案内会」とは
  • 部屋の間取りや大体の価格の目安などを知ることができる
  • ホームページに掲載されていない情報も多く、重要情報をいち早くゲット出来る

新築マンションの購入を成功させるには「事前案内会」への参加は是非しておきたいです。

なぜなら新築マンションは条件の良い部屋から先に予約が埋まっていきます。

つまり「いい部屋かどうか」を早めに判断できた人が、先に予約してしまうんです。

 

事前案内会に参加できないと部屋が取られてしまうってこと?

たくあん

情報が全てオープンになる前に予約してしまう人もいるので、早く情報を手に入れる必要があります。

「事前案内会」には、資料請求をしている人が優先して招待されます。

なぜなら、資料請求をしている人は「購入する意思が強く、個人情報も提供しているため安心」だからです。

正式に予約が開始される前に、しっかり物件情報を吟味して検討するためには、早めに資料請求をする必要があります。

新築マンションの資料請求をするときは、「住まいサーフィン」が利用しやすいです。

マンション名、エリア、独自のランキングなどで物件を探すことができます。

メリット2:「お客様」として扱ってもらえる

マンションの資料請求をするときに提供した”個人情報”は、販売業者にとって”大きな信用”になります。

一度資料請求をしてしまえば、あなたは「お客様」です。

資料請求をするくらい本気でマンションを探している人には、必ずいい情報が集まります。

たくあん

私も資料請求した物件ではなく、不動産業者から情報提供されたお得な物件を購入しました

メリット3:一度に多くの物件を比較検討しやすい

売出しをしているマンションに実際に訪問するよりも、資料請求することで「多くの物件を比較すること」ができます。

私も最初は「内覧会実施中」という旗が出ている物件を見学行きましたが、何件も回っていると膨大な時間が必要になります。

マンションの資料請求をすれば、一度に複数の物件情報が手に入り、比較検討してから購入したいマンションだけを見学することができます。

特に中古マンションについては、「早いもの勝ち」なので、スピーディーに進めるためにも資料請求は必ずしましょう

>>タウンライフ不動産売買で資料請求する

マンションの資料請求をする4つの方法と勧誘のしつこさ

私が実施した無料で出来るマンションの資料請求方法を4つ紹介します。

全て無料なので、とりあえず登録しておくことをおすすめします。

なぜなら、マンションを購入する際に1番重要なのは”情報収集”だからです。

たくあん

情報はあればあるほど良いです。
このサイト以外にも見つけたら登録しておきましょう。

スーモカウンター

スーモカウンター

テレビCMでも放送されているスーモカウンターでも情報収集ができます。

SUUMOカウンターは「マンションを買おうと思うけど、何から始めたら良いのかわからない」という方にオススメの方法です。

スーモカウンター自体は、営業行為を一切行わないという事ですが、紹介された不動産会社からは非常にしつこい営業行為を受けました

また、その営業行為を無視していたら、スーモカウンターからも何度か電話がかかってきました。

スーモカウンターでの詳しい体験談については以下の記事にて紹介しています。

SUUMO(スーモ)カウンターの評判・口コミ。メリット・デメリットも解説

ノムコム

ノムコム

「野村不動産アーバンネット」が運営している「ノムコム」もマンションの資料請求ができます。

月間利用者数が260万人と大人気なので、知っている方も多いのではないでしょうか?

「ノムコム」は登録されている物件数も多く、マンション探しをしている方にとっては登録必須のツールです。

資料請求をせずに「物件探しだけ」という利用方法もあるので、希望エリアの相場を掴むために使う事もできます。

もちろん完全無料なので、とりあえず最初に登録するのにおすすめです。

たくあん

1分程度で登録できます

>>ノムコムの公式サイトを確認する

タウンライフ不動産売買

タウンライフ不動産売買

タウンライフ不動産売買」はお得な物件を見つけることができるサービスです。

なんと他では紹介されていない非公開物件を見つけることができます。

実はお得な物件はネットでは公開されていません。

他の人よりもお得な価格でマンションを購入するためにも「タウンライフ不動産売買」は積極的に利用しましょう。

たくあん

3分あれば登録できます

>>タウンライフ不動産売買の公式サイト

住まいサーフィン

住まいサーフィン

資産価値の高いマンションを見つけたい方は住まいサーフィンを利用しましょう。

住まいサーフィンは独自の情報を元にマンションの資産価値を提示しているWEBサービスです。

資料請求をせずにサイトを見るだけでも勉強になります。

子育てしやすいエリアランキング」のような子育て世帯が知りたい情報も多く提供しています。

  • Yahooアカウント
  • Facebookアカウント
  • Googleアカウント

を持っている方は、登録が簡単なので3分あれば登録できてしまいます。

たくあん

優良サービスなので安心して利用できます。
もちろん無料ですよ

>>住まいサーフィンの公式サイト

マンションの資料請求後、営業マンのしつこい勧誘

困る

私が経験した、しつこい営業マンの行動を紹介します。

経験するとかなり深いです。こんな勧誘を受けない方法を考えましょう。

営業マンのしつこい勧誘①何度も電話をかけてくる

個人情報を提出した日の夜に、営業マンから電話がかかってきます。

たくあん

もうちょっと考えたいんですが…

こんな事を言ったところで、不定期に何度も電話がかかってきます。

そして、マイホームを購入した後にも、やめてと言うまで電話をしてきました。

営業マンのしつこい勧誘②何度もメールを送ってくる

先方に提出する書類にメールアドレスを記載すると、物件情報が送付されるので非常に便利です。

しかし、ここでもしつこい営業マンが登場します。

メールボックスが溢れるくらい、何度も物件情報を送ってくる営業マンもいるので要注意です。

たくあん

メールボックスには常に未読メールがありました。

営業マンがしつこい③手紙を送ってくる

ハウスメーカーや新築マンションの販売業者は、よく手紙を送ってきます。

大体が自社の新商品や展示場への案内、キャンペーンの紹介、年賀状などです。

興味のない情報については、全てゴミになるので非常に不快です。

営業マンがしつこい④家に訪問される

結構普通に家に訪問してきます。

もちろん勝手に部屋に上がる事はしませんが、やっぱり急に来られると嫌な人は沢山いますよね。

「近くまで来ているのですが、訪問してよろしいですか?」などという、迷惑行為もあります。

マンションの資料請求後、営業の勧誘を防ぐ方法

良い

このようなしつこい営業を防ぐ方法は以下の3つです。

  • NGな事はNGという
  • 捨てアドレスで対応する
  • もう家を購入したという

NGな事はNGという

嫌なことは嫌と言う。

凄くシンプルですが大切な事です。

具体的には資料請求サイトの備考欄に「電話での営業NGです。メールにて対応します」と記載するだけで、かなり効果があります。

少なくとも以下の3つのサービスではしつこい勧誘がありませんでした。

たくあん

3つとも利用しましたが、NGなことをしっかり記入することで、ストレス無く利用できました。

捨てアドレスで対応する

マイホーム購入に関わる事は、メインで利用しているメールアドレスとは別のアドレスで対応しましょう。

私は、マイホーム関連用に新しくメールアドレスを作る事をオススメします。

作る場合は、GmailやYahooメールのようなフリーメールで良いです。

メインのメールアドレスを使ってしまうと、メールボックスが溢れてしまって、本当に大切な情報を見落とす可能性があります。

もう家を購入したと言う

それでもメールや電話が耐えない場合は「もう家を購入した」と言いましょう。

そうすれば電話もメールも止みます。

営業マンも家を売るために必死にやっているだけなので「売れる見込みがない」と判断すれば離れていきます。

もう付き合いをやめたい不動産会社にはハッキリと言ってしまいましょう。

マンションの資料請求を実際にしてみましょう

しつこい営業の撃退方法はわかってもらえましたか?

これからは営業の勧誘に恐れずに物件情報を収集する事ができますね。

私が利用した資料請求サイトは以下の3つです。

こちらのサイトで「しつこい営業はNG」と記載する事で、ストレスが少ないマンション探しが実現できます。

特に「タウンライフ不動産売買」は非公開物件を多数紹介してもらえるので登録しておきましょう。

これを利用するかどうかでマンション購入が成功するかどうかが大きく変わります。

マンション購入は情報戦です。

他の人が持っていない情報を手に入れることが、マンション購入を成功させます。

たくあん

少しでも安く、資産価値の高い物件を購入しましょうね。

\毎月2,000人が無料で利用/

次によく読まれる記事

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる